スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
huginで全天パノラマ
- 2010/11/19(Fri) -
ここしばらくHuginでの全天パノラマワークフローを模索していたんですが、
しばらく使っていると、いくつか問題が見えてきました。

痛かったのが、PTGuiのviewpoint補正に相当するx,y,zパラメーターを使った画像はなぜか視野中央以外に配置できないこと。
中央からはみ出た部分が表示されないというかカットされてしまいます。
三脚部分が正面になるよう移動してから出力すればなんとかなるんですが、レタッチ後にまたマッピングしなおさなければならず、微妙な感じです。
あと、全体を移動させるとx,y,zパラメーターを使った画像の位置が他の画像とズレてしまうようなので、そこも要注意ですね。
コントロールポイント抽出プログラムのautopanosift-cも打ち間違いが妙に多いし、作業のスムーズさではPTGuiが1~2段上な印象。
x,y,zパラメーターの問題は次のバージョンであっさり修正されそうな気がするので、ワークフローを工夫してどうにかするのは時間の無駄のような気がして、全天パノラマしか作らない私的には「huginは次バージョン待ち」な感じです。

それ以外の部分は使い勝手もかなりブラッシュアップされている感じを受けました。
pro版じゃないPTGuiを買うんなら、Huginでいいんじゃないかなと思います。

私の中ではひと区切りついた感じなので経過報告として、
私のhuginでのステッチ方法は、いろいろ考えてこんな感じになりました。


スポンサーサイト
この記事のURL | Hugin | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<なかなかやるなHugin | メイン | Hugin最新版が結構よさそう>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://panoisland.blog36.fc2.com/tb.php/72-6b13439d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。