スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Hugin解説 画像タブ
- 2011/01/26(Wed) -
Hugin解説 画像タブ

画像タブは、プロジェクトで画像を管理するのに用いられます。
各画像の位置やコントロールポイント自動作成もここです。

WS000425.jpg



まずは右上のボタン群から

・画像を追加
プロジェクトに画像を追加します。

・撮影時刻で追加
同じフォルダーの撮影時刻の近い画像を自動的に追加します。
ボタンを押すと何のメッセージも無しに追加するので注意です。

・順番を上に
・順番を下に
リストの並び方を変更します。

・選択した画像を取り除く
選択した画像をプロジェクトから削除します。


・新規スタック
選択した画像に新しいスタック番号を割り振ります。

・スタックの変更
選択した画像のスタック番号を変更します。

スタックについて
スタックというのは、ブラケット撮影で露出を変えて撮った画像やRAWから露出を変えて複数枚現像した画像など、アングルが同じ画像のセットのこと。スタック番号が同じ画像が同じスタックになります。

同じスタックの画像は位置パラメーターの横の「リンク」にチェックが入り、強制的に位置が同一になります。あらかじめ位置が同じと分かっているならスタック設定しておきましょう。
コントロールポイントもスタック内で共有されることになるので、ブラケット撮影にありがちな白飛び部分が多すぎて十分なポイントが打てない。ということも防げます。



・コントロールポイントを削除
選択した画像間を繋ぐポイントを削除します。
画像間のポイント削除なので2枚以上の画像を選択してないとダメ。
どの画像も選択せずに実行すると全てのポイントを削除します。

・celesteを実行
選択画像から雲に打たれたポイントを見分けて削除してくれます。
雲はゆっくりですが動いているのでポイントを打つには不適です。

・コントロールポイントをクリーン
距離の大きいポイント(=打ち間違いの可能性大)を統計的な手法で見分けて削除してくれます。



画像の位置
WS000425-4.jpg

 選択した画像の位置を示すパラメーター。
360°の球面上に配置するのでこういう呼び方になっています。x,y,zはカメラ位置を補正するパラメーターです。
最適化を進めるうちに画像の位置がメチャクチャになってしまった時はリセットボタンで位置パラメーターをリセット(0に戻る)することもできます。
「リンク」チェックボックスは同じスタック内の画像の位置を同じにします。スタックを設定するとデフォルトでチェックが入りますが、風で揺れたなど位置がズレた画像はチェックを外すことも可能です。


コントロールポイントの自動検出
WS000425-5.jpg

・設定
コントロールポイントを生成するプログラムを選択します。
環境設定でデフォルトに設定されているものが表示されますが、別途インストールしておけば好きなアルゴリズムを選んで生成することができます。
バージョン2010.04からHugin自前のコントロールポイント検出プログラムが搭載されたのですが、私の環境ではダメみたい(cpfindは走るがポイントは追加されない)なのでAutopanoSift-Cを使っています。

・重複箇所あたりのポイント数
重なりのある画像1ペアごとにいくつのポイントを作るか

・コントロールポイント生成ボタン
押すとコントロールポイントが生成されます。画像を2つ以上選択していなければ全ての画像間に、
選択していれば、選択した画像間にだけ作成されます。



基準にする画像

WS000425-6.jpg


・位置決めの基準にする
 基準として設定した画像は最適化の際に、今の位置から動かず、他の画像がその画像につながっていきます。
指定しなければ#0の画像が基準になります。
水準器を使って水平垂直をきっちり出した画像があるなら、その画像を基準に設定しておいてpitch、rollを手動入力してから他の画像を最適化すると全体の水平が出ます。
また、一周してないパノラマの場合は真ん中辺りの画像に設定するとステッチ誤差の蓄積を少なくできるかも知れません。

・露出補正の基準にする
huginでは露出タブで、撮影中に太陽に雲がかかった等、画像ごとに露出のばらつき、ホワイトバランスのばらつき等を最適化して揃えることができますが、あらかじめ、どの画像に揃えるのか決めておかないといけません。
明るい画像を基準にすれば他の画像がそれに合わせて明るくなり、暗い画像を基準にすれば暗くなるので、大事な被写体や陰影のバランスが微妙な被写体があるなら、その画像を基準に設定しましょう。
これも設定しなければ#0の画像が基準とされます。

位置決めの基準にした画像はリストの「基準」欄に「A」が、
露出補正の基準にした画像は「C」が表示されます。
WS000425-3.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | Hugin | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Hugin解説 カメラとレンズタブ | メイン | Hugin解説 アシスタントタブ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://panoisland.blog36.fc2.com/tb.php/74-492239d2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。